スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「In the end」サークル「FELT」アルバム「silver drive」より

It started with a "Once Upon a Time".
We couldn't do it.

Yet never letting any uncertainty
come and stop us.

Again another chance comes our way.
Could this be it?

We'll walk under the colored leaves.
Or that's what I thought.

Thought we were so young then,
Not much of time has passed.
I just want to be with you.
That much, we understand.

Always, I'm near you.
I wanna be your number one.
I can't help but wonder.
If you could also feel it in the end.


Take a look at me now, take a glance
(I'm waiting here now.)
Even if I'm the only one in the end

Take another moment, take the chance.
(I just wanna love you.)
Things we take for granted in the end.

It started with a simple elegance.
I couldn't place it.

The first time that we met I didn't notice,
Couldn't see it.

You came into my life so breathlessly.
I hesitated.

And yet it all come crashing down on me,
Suddenly.

And though it was winter.
We laughed in those lonely nights.
A tense, timid moment
As you looked into my eyes.

Oh, you were smiling.
Grasping hands holding tight.
Our fragile love here
Is stronger than the Heavens or the Earth.

Could it be a sign or just a lie?
(I just want to know you.)
Even if it's silent in the end.

Let me break the limit, reach for your hand.
(All that surrounds me.)
I will always be here in the end.

And though we were young then,
Not much of time has passed.
I just want to be with you.
That much, we understand.

Always, I'm near you.
I wanna be your number one.
I can't help but wonder.
If you could also feel it in the end.


Take a look at me now, take a glance
(I'm waiting here now.)
Even if I'm the only one in the end

Take another moment, take the chance.
(wanna be your number one.)
I will always love you till the end...



<和訳>

それは“昔々・・・”から始まった
私たちはそうすることができなかった

それでも、決して少しもわからないことじゃない
私たちを止めに来て

もう一度別のチャンスが巡ってくると
今度はそうなったかな?

私たちは紅葉の下を歩く
もしくはそう考えたかったのかもしれない

若い時はこう考えていた
過ぎていく時間では足りないと
私はあなたといたいだけ
それだけで、私たちは理解しあえる

いつも、私はあなたの近くにいる
あなたの一番でいたくて
いつも不思議に思う
もしあなたが最後にはそう感じてくれるならって

今すぐ私を見て、一瞬でもいいから
(私はいつもここで待ってるから)
もし私が最後の一人になったら
もう一つの瞬間の、チャンスにかける
(私はあなたを愛していたいだけ)
最後にはそれが当然と思えるように

それは単純な優美さから始まった
そこに私は入れなかった

私たちが最初に出会った時、気づかなかった
見ることさえできなかった

あなたは息つく間もなく私の人生に入ってきた
躊躇いが私を襲った

けど、それは私の上から崩れ落ちていった
突然に

そして、冬が来たとき
私たちは孤独な夜を笑い合った
張りつめて、臆病になった瞬間
あなたは私の眼を覗き込んだ

ああ、微笑んでくれたわね
手を強く握って、強く抱きしめてくれた
私たちにある脆い愛情
それは天国や地球よりも強く繋ぎ止めてくれる

あれはサインなの?ただの嘘なの?
(私はあなたを知りたいだけ)
たとえ最後は無言になっても

しがらみを壊して、あなたに手を延ばさせて
(全てが私を取り囲む)
結局私はいつもここにいる

若い時はこう考えていた
過ぎゆく時間だけでは足りないと
私はあなたといたいだけ
それだけで私たちは理解できる

いつも、私はあなたの近くにいる
あなたの一番でいたくて
いつも不思議に思う
もしあなたが最後にはそう感じてくれるならって

今すぐ私を見て、一瞬でもいいから
(私はいつもここで待ってるから)
もし私が最後の一人になったら
もう一つの瞬間の、チャンスにかける
(あなたの一番でいたいの)
私は最後まであなたを愛していたいから・・・





vocal「Vivienne」
原曲「ヴワル図書館」


以下駄文



silver driveのVivienne曲二曲目です。
原曲はヴワル図書館なので、小悪魔のテーマと言えるでしょうか。
想いを馳せるその人にはその想いは届かないけれど、いつまでも愛しているし、あなたと一緒にいたい。と言う感じでしょうか。
ですが、その思いの対象は男性ではなく、女性に思えます。
詞を書いたのは「one more time」を書いたrenkoさんと言うのもありますが、「冬が来たとき、孤独な夜を笑い合った」の部分が友達同士でクリスマスを過ごす感じに見えるからです。
この詩が小悪魔のことだと考えれば、相手はパチュリーでしょうか、それとも別の誰か。
同性にしろ異性にしろ、叶わない恋と考えるのは、とても悲しいことですね。
やらなくて後悔するよりも、やって後悔する。
どちらにしろ、難しいことですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

profigatio

Author:profigatio
東方projectがゲーム、音楽や同人すべて好きな暇人です。
本編はやっとこさ紅魔郷ルナクリアー!
次は八分咲きを見に行きまする。

和訳は特に英語が得意なわけではないので、かなり意訳というか主観が入ります。そこんとこご容赦ください。┌(_Д_┌ )┐
東方以外も稀に、よく、ある時があります。

歌詞の著作権は各製作者様に帰属いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。