スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Blooming nights」サークル「発熱巫女~ず」アルバム「Nothing but Flowers」より

The silent night come over night
I want to runaway with you
And after night maybe sometimes
I'll be ask you and let you know

The longer night like a my tail
It's shining under moonlight
Glaring your eyes
because your heart is clear more then anymore

It's my street That's your street
I walk it and I made line
I want to put on the collar to your mind
It's not easy
It has understood things for me


over take
Leave again
over take
Never ending


My heart is feeling Whatever know, baby
My eyes are found no matter how it's dark
My ears are listen your foolish excuse
And what do you think when other see? no, no,

My fingers are taking Howerver you are parts
My voice is singing to love song for you
Myself is swaying Which is better for me?
Sometimes becomes scary for me no, no,

Moonlight shines on me
Shadow is running oh, follow my back
Open your way someday
So I keeps waking street


Close your eyes right now
Can you see true your mind your mind
Close to you right now
I can't think about other one



<対訳>

静かな夜は思ってしまうんだ
あんたと逃げ出したいって
夜が去った後、時々思うんだよ
言わなくてもわかってくれてるんじゃないかって

あたいの尻尾よりも長い夜
それが月夜の下で輝いている
あんたのことを全部理解できそうだから
その目をじっと見つめてしまうんだねぇ

こっちはあたいの道で、そっちはあんたの道
あたいはそこを歩いて、線を引くのさ
あんたの心を首輪でつなぎたいけど
そんなの無理だからね
ちゃんとわかってるさ

それ以上を受け取って
また離しても
受け取るよ
終わることは無いさ

あたいは知っているよ
あんたのことなら何でも
どんなに暗くてもあたいの目には見えるのさ
あんたが他の誰かを見たり考えたりしている時
あたいがそういう阿呆ないいわけ聞き入れるとでも?
ありえないねぇ、それは

あたいの指は捕まえているんだ
どんなにあんたのがバラバラでも
あたいの声があんたのために愛の歌を紡ぐ
あたい自身揺れているよ、どちらがより良いのかって
時々怖くなるけどね
嫌になるよ

月光があたいを照らしている
影が走って、ああ、あたいを追いかけてくる
いつか自分の道を見つけておくれ
あたいはずっとついていくからさ
今すぐあんたの目を閉じておくれよ
あんたが本当に自分の心を見ることができるのなら
今すぐ閉じておくれ
あたいは他のことなんて考えられないんだからさ




vocal「Chen-U」
lyric「宇多敬子」
原曲「死体旅行 ~ Be of good cheer!」

原曲がお燐の曲なので、お燐の口調っぽく訳してみました。
ですが、訳してみるとなんだかお燐一人ではなく、さとりの言葉っぽいものも混じっているような気がします・・・。
Chen-Uさんの声は発熱巫女~ず、FELTの中でも低く、とても洋楽っぽさを感じます。
ソウルシンガーみたいな力強さを感じますね。
スポンサーサイト
プロフィール

profigatio

Author:profigatio
東方projectがゲーム、音楽や同人すべて好きな暇人です。
本編はやっとこさ紅魔郷ルナクリアー!
次は八分咲きを見に行きまする。

和訳は特に英語が得意なわけではないので、かなり意訳というか主観が入ります。そこんとこご容赦ください。┌(_Д_┌ )┐
東方以外も稀に、よく、ある時があります。

歌詞の著作権は各製作者様に帰属いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。